忍者ブログ

カーボン・マイスターの「チクチク人生劇場」

もう天ぷらは勘弁してください
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/02 take 0]
[06/24 ビッグ矢澤]
[02/10 Ozozoz]
[12/23 辻]
[11/17 ブルーマン]

10.18.23:29

オーダーメイドの話

私のように自分でモノが作れる人間(会社)は
ほとんどがOEM主体でやっている

つまり、人んとこのブランドを作っている
自分のオリジナルブランドは持たない

モノが作れない人や会社は、ウチらに生産を委託して
自分のブランドを立ち上げ、販売する

自動車業界は、こういうスタイルが定着している

よく考えればわかることだが、販売会社はモノを作れないので
当然OEM生産の受注などできない

一般ユーザーはそのときどきで好きなクルマに乗り換えればいいけれど
オリジナルブランドを持つ販売会社が、スポーツカーも4駆も扱っていたら人気は出ない

うちはフェラーリもやります、軽自動車もやりますでは
ブランドとしては成立しないのだ

スポーツカーで有名なブランドが、RVに進出してもうまくいかないのは
なんとなくわかっていただけるだろう

たいして、対外的イメージなどいらない生産業者は
スポーツカーはA社、RVはB社という付き合い方ができる

その時代で売れている業者と付き合えばいいだけのことだ

私のように自分で作るくせにオリジナルを売ってたり
個人のオーダーメイドを受ける人間は、まずいない

マスターモデル→メス型→製品  この工程は普遍だ

しかし、マスターモデル→メス型

ここまでの工程は、客にはまったく興味のない前段階の工程のため
価格に反映されないし、理解を得られない

よって個人のオーダーメイドは成立しないのである

個人の方は、説明するのもひと苦労だし
最初は勢いよく来るものの、いろいろ聞くうちにフェードアウトしていくケースが多い

完成品を持っていったきり、音信普通になる人もいた
なので現在は、全額前金かローンを組んでいただいている

所有権をウチに設定して、開発費をレッド&カーボンで負担してあげたりすることもある
価格というハードルをなんとか低くしてあげて、個人の夢を実現させる努力をしている

はっきり言うと、個人のオーダーメイドなど商売にはならない

しかしあえてそれをやっているのは、ある種のボランティア精神を含んでいるからだ
なんとかして夢をかなえてあげたいとおもうからなのだ

同業者に「お前は甘いな」と言われたこともある
しかし自分は「仕事は人を楽しませてナンボ」とおもっている

個人は業者と違って、純粋に喜んでくれるし・・・
だからいまも続けている

生きてるうちに、少しはいいことしとかんと・・・ね

 

wrote by Red&Carbon              click please!! にほんブログ村 車ブログ 車 カスタム・整備へ 

                                      

      *     *     *     *     *


     レッド&カーボン:  http://carbon.art-studio.cc/

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら