忍者ブログ

カーボン・マイスターの「チクチク人生劇場」

※現在、製作・販売業務は一切しておりませんのでご了承ください。また、再販予定もございません
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/02 take 0]
[06/24 ビッグ矢澤]
[02/10 Ozozoz]
[12/23 辻]
[11/17 ブルーマン]

06.22.02:39

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/22/02:39

10.20.19:03

カーボン=軽い

カーボン=軽い

一般的に、こういう認識がある
しかし、答えは×である

ブログでも何度も申し上げている通り
カーボンファイバーは複合材料の繊維のひとつにすぎない

同じ繊維の太さなら、カーボンでも、ガラスでも、アラミドでも
重さにほとんど変わりはない

繊維そのものが軽いわけではないのだ

では含浸させる樹脂はどうだろうか
これも、どれを使おうと大した差はでない

ならばどこに差がでるのか?

複合材料として、硬化させたときの
‘強度に差が出る’ということです

同じプライ数に固めたとき
カーボンファイバーがもっとも強度が出るということです

強度が出るため、プライ数を減らすことができるため
結果として‘軽い’という現象に至るわけです

金属と同等の強度ならばグッと軽くなり
ハニカムを使い構造体とすることにより、さらに軽くすることができるわけです

伝わってますでしょうか?


      *     *     *     *     *


 レッド&カーボン: http://carbon.art-studio.cc/
        または:  http://www.カーボン職人.com/
 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら