忍者ブログ

カーボン・マイスターの「チクチク人生劇場」

もう天ぷらは勘弁してください
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/02 take 0]
[06/24 ビッグ矢澤]
[02/10 Ozozoz]
[12/23 辻]
[11/17 ブルーマン]

10.20.21:57

オーダーメイド/アウディS4エンジン・カバーVol.1

私のところに1通のメールが来ました

Audi S4(2005年)を所有する
Hさんという方です

エンジン・カバーをカーボンにしたい
という内容のご相談でした

メールで何度かやりとりをしたあと
話題は気になる金額の話となりました

しかし1枚の写真を見ただけで、見積りは無理な話です
写真の隠れている部分や裏側の取り付け部の作りこみが見えないのです

完成までの全工程がイメージできなければ、見積りはいい加減なものでしかありません

Hさんは本気で作りたかったようで、フェードアウトはしませんでした
私はエンジン・カバーをこちらに送ってもらうことにしました

送られてきた現物は、当初懸念をいだいてた通りのものでした

表はたいして問題はないのですが
裏側がインジェクション成型特有の形状をしていました

インジェクション成型というのは、皆さんが一般的に目にする
バンパーやバイクカウルの純正品で用いられる成型法です

大量生産が可能な成型法なので、純正品に使われます
オス・メスの金型の隙間に樹脂を高圧注入する成型技術です

組立て前のプラモデルを連想していただければいいとおもいます

薄いツメが2本突き出していること
ニップルを突き刺してはめ込む、受け側の形状である

上記2点が、ファイバー化のネックとなりました

Hさんに事情を伝え、もしHさんがかまわなければ
カーボンで成型したカバーを純正パーツに接着させる方法を提案しました

当然軽くはなりませんが、取り付けの問題はなくなります
それと取り付け部を製作する手間が省けるため、価格を抑えることができます

Hさんの返事はOKでした
金額は総額の半分をレッド&カーボンで負担することで合意しました

負担する理由は「メス型の所有権をレッド&カーボンに譲渡する」ということでの合意です
「今後同じものをレッド&カーボンで販売してもいいですよ」という意味です

「完全なワンオフで自分だけのオリジナルを楽しみたい」というのと違い
「他の方が同じものをつけても、一向に自分は構わない」という
Hさんの分かち合う精神からきています

そのため安く手に入れることができるわけです

これは全部のオーダーに適用するわけではなく
あくまでもウチの商品として取り扱ってもいい場合に限ります

上記内容に合意していただいた上で、全額振り込んでいただきました
個人の方のオーダーメイドの場合、そうしていただいています

完成までに時間がかかるものですから
個人の方は気が変わりやすく、フェードアウトする方が多いのです

全額振り込んでいただくことで「決心がつく」という意味が込められています
Hさんはすぐに振り込んできました。決心がついたようです

晴れて、オーダーメイドの第一歩を踏み出しました

そして、ここから作業開始となります
Hさんには今後、作業の節目に写真を送信いたします

完成までオーダーメイドを「目でも楽しんでいただく」という意味と
「全額入金後 時間がかかるので、不安にならないように」という2つの意味があります

大枚をはたいてオーダーしていただくので、一緒に楽しんでいただきたいのです
家を建てるときみたいに、ドキドキしていただきたいのです

この様子は、Hさんの承諾を得ているので、また続きを報告いたします


      *     *     *     *     *


 レッド&カーボン: http://carbon.art-studio.cc/
        または:  http://www.カーボン職人.com/
 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら