忍者ブログ

カーボン・マイスターの「チクチク人生劇場」

もう天ぷらは勘弁してください
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/02 take 0]
[06/24 ビッグ矢澤]
[02/10 Ozozoz]
[12/23 辻]
[11/17 ブルーマン]

10.28.09:42

伝説の同業者

中学生のとき、富士山に墜落したセスナの部品を
チャリンコに乗って、拾いに行った

勤務中の、近所の駐在所のおまわりさんを呼びつけて
自分の仕事を手伝わせてる

経理担当者が、入金がないのでお客に問い合わせたら
「おたくの社長が、ウチのエンジン持ってったよ」と
勝手にエンジンと相殺してた

すべて実話である・・・

伝説といっても死んだわけではない。いまもたぶん現役だとおもう
私よりもひとまわり以上大先輩の「マッド杉山」ことマッドハウスの杉山氏である

伝説というより仙人である。 いや、実際に そう呼ばれている

なにせ人から注文を受けて作っているのではないのだ
「自分が乗りたいから作った。ほしい人がいれば売るけど」・・・そういう人である

仙人様は、それなりの資産家らしい
そうでなければ、そんな生活は成り立たないだろう・・・

私は一度しか彼に会ったことはない。人に紹介され、キャブレターをもらって帰ったら
会社中の人間に「ええっ!モノもらってきたの?! もう、2度と行くな」と言われた

遊びに行くと、次の日の朝までタダ働きさせられるらしい
特に同業者である自分は危険だ・・・というのだ

だから一度しか会ったことはない。でもすごく印象深い人だった

メカニックのAさんに連れられ、「杉山さんと同業者だよ」と紹介された私は
「おお、まあ座れ」と缶コーヒーを差し出され、それから延々2時間トークが続いた

マッド:「いま、あるクルマを作ってる。車高の低いクルマだ」

  :「へえ」

マッド:「富士山の●●有料道路のゲートは下から90cmある」

  :「ほう」

マッド:「だから高さ87cmのクルマを作ってる」

  :「は?」

マッド:「あのゲートをくぐって、ブッチギッってやる」

  :「はあ? で、わざわざ計ってきたんですかあ?」

マッド:「そうだ。このあいだ計ってきた」
    「ずっと昔から、あそこをタダで通りぬけてやろうとおもってたんだ」

万事こんな調子だった。当時マッドは40なかばくらいのオヤジだったとおもう
そしてまだ20代だった私にこう言った

「仕事なんてのは、やればやるほど夢から遠ざかる」
「だから俺は仕事をしない」・・・と

あぜんとした。ポカンとなった。なにを言っているのかよくわからなかった

でも自分が歳を重ねるたび
そして失敗と反省を繰り返すたびマッドの言葉がよみがえった

私はたぶん、いまもマッドにあこがれを持っているのかもしれない
自分の理想を、実在の彼に重ねているところがあるのかもしれない

でも残念ながら自分は資産家ではないので、仙人になることはできない
彼はいま、軽自動車のレースに夢中らしい


マッドハウスhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~madhouse/


※マッド杉山氏 2013年3月30日永眠。享年65歳
  ご冥福お祈りします



      *     *     *     *     *


 レッド&カーボン:  http://www.カーボン職人.com/
        または:  http://carbon.art-studio.cc/
 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら