忍者ブログ

カーボン・マイスターの「チクチク人生劇場」

もう天ぷらは勘弁してください
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/02 take 0]
[06/24 ビッグ矢澤]
[02/10 Ozozoz]
[12/23 辻]
[11/17 ブルーマン]

10.21.12:06

戦友

「戦友」という言葉がある
私はもちろん、戦争に行ったことなどない

戦友同士が同窓会のように集まり
肩を組んで、「貴様とお〜れ〜と〜は♪」
と歌うイメージしかうかばない

戦争体験なんて、思い出したくないとおもうのだが
彼らはひたすら仲が良く、固い友情で結ばれている

不思議である
しかし、それはあることと共通していた

戦争と比較するのは大変恐縮だが、我々の仕事も相当キツイときがある
締め切りがあるからだ

時間に追われると、寝る時間が削られる
寝る時間がなくなる日々が続くと、精神状態が崩壊してくるのだ

当然、脱落者が続出する。それでも最後まで続け
乗り切った人たちはどうなるかというと・・・

仲良くなるのだ

苦しい状況を共有して なおかつ、いまでも付き合いのある人たちは
たいがい仲がいい

楽勝で終わる仕事なんて、記憶にも残らない
キツイ仕事ほど、鮮明に記憶に残るのだ

戦争という極限状況で助け合い、励ましあった人たちが
いつまでも仲がいいのはそういう理由だとおもう

現代では、死にそうなぐらいキツイ仕事なんてそうないから
そんな機会に遭遇したら、さっさと逃げるのは簡単だけど

「こんな機会めったにないから、いっちょうやっとくか」と
若いうちに、自ら飛び込んでおくのもいいかもしれない

そのとき知り合った人物は、そのときのキツさを吹き飛ばすほど
かけがえのない友人になれるでしょう

ガムシャラになることは、決して無駄にはなりません


      *     *     *     *     *


 レッド&カーボン: http://carbon.art-studio.cc/
        または:  http://www.カーボン職人.com/
 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら