忍者ブログ

カーボン・マイスターの「チクチク人生劇場」

もう天ぷらは勘弁してください
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/02 take 0]
[06/24 ビッグ矢澤]
[02/10 Ozozoz]
[12/23 辻]
[11/17 ブルーマン]

10.21.12:09

木型職人

木型  そう聞いても
一般の方はピンとこないだろう

工業製品は、製品を作る段階で必ず
本物そっくりのダミーモデルを作ります

これをデザイン業界ではマスターモデルと呼びますが
工業モデルの世界では、木型と呼びます

かつては、この作業を専門の職人が木を組んで
ノミ・カンナで削り出していました

本物そっくりなんだけど、木でできています
これをもとに、金型等へ発展させていきます

彼らは三面図(図面)をもとに、削ります
精度が高いほど、優秀な職人というわけです

日本の工業界を支えてきた、縁の下の力持ちといったところでしょうか

しかし いま、絶滅寸前のトキのような状況にあります
コンピューターが彼らの仕事を奪ってしまいました

座標を正確にトレースする仕事は
コンピューターのもっとも得意とする分野だったのです

ものの見事に彼らは仕事を失いました
腕のいい職人ほど、コンピューターを受け入れることができなかったのです

跡継ぎがいた人は、ほぼコンピューターを導入しました
二代目たちが、現在の工業界を支えています

腕のいい職人さん達も、もういい年を迎えて
廃業の道を選択しています

私もノミとか、カンナをいただいたことがありますが
素直に喜ぶことができない複雑な心境になりました

かつて弟子たちにゲンコツをくれていた威勢のいい職人さんも
いまは細々とつつましく続けていたりします

もったいない話だとおもうのですが
仕方ないことなのでしょうか・・・


      *     *     *     *     *


 レッド&カーボン: http://carbon.art-studio.cc/
        または:  http://www.カーボン職人.com/
 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら